アルバイトの掛け持ち

アルバイトを掛け持ちでする場合もあるのではないでしょうか?アルバイトを掛け持ちでする場合に注意する必要があるのは、基本的に稼ぎがトータルでいくらかによって所得税は判断されるということです。

個々のアルバイト先で獲得する収入は、103万円に満たない場合もあるでしょう。
しかしながら、トータルで103万円をオーバーする場合には、所得税をきちんと払うことが必要です。
このことを見逃している場合もあるため、アルバイトを特に掛け持ちでしてお金を効率的に稼ごうと考えている場合は注意しましょう。

給料をアルバイト先でもらう場合に、税金分を天引きされているような場合もあるでしょう。
この場合は、実際に払う必要がある税金よりも、余分に税金を払っていることがあります。
仕事を一つのアルバイトでしている場合、年末調整によって、年間の稼ぎを合計して、基本的に払う税金と天引きしている税金の額を判断します。
そして、過不足があった場合には、年末調整で調整するようになります。

問題なのはアルバイトを掛け持ちでしている場合です。
この場合は、所得を一か所からのみで獲得していないため、年末調整が簡単にできません。
そのため、税務署で実施される確定申告において申告をすると、余分に払った税金を還付してもらうことができます。
きちんと税金のこのようなシステムについて把握しておきましょう。

本サイトでは、情報をまず収集する、大きなメリット、注意すべきこと、についてご紹介します。